明暗を分ける|切らない脂肪吸引をするなら技術力の高い医師を選ぼう

レディー

ボトックスで抑制

婦人

タイミングを考える

多汗症は、汗をかく量が人よりも多く、脇に大きなしみができたり、手のひらが濡れてしまう症状が出ます。緊張や不安で汗を大量にかいてしまうので、自分の症状を気にしている人も多いです。アンチエイジング治療でおなじみのボトックスですが、多汗症の治療にも有効です。汗を抑制する効果は、大体半年から一年くらいだという説明をしているクリニックが多くみられます。そのため、多汗症対策を継続するには、定期的に打つことが望ましいでしょう。気温が上昇して、熱さを感じ始める時期は初夏が多いです。そこで、一年に一回はこの時期にボトックス注射を受けるようにするといいでしょう。期間は一定期間だけとは言っても、このやり方で十分支障はありません。

5分で終わる治療

ボトックスは、筋肉や神経の働きを弱める効果があります。ですから、脇に打つと交感神経に作用して、汗腺の働きを抑えるのです。注射だけなので、わずか5分で治療は終わります。多汗症で汗が多いのは嫌だけれど、汗腺を取りたくない場合に最適です。脇の他にも、手のひらや足の裏の汗にも有効です。汗腺は体中に分布していますから、気になるところに複数注射するといいでしょう。汗の量が多すぎることで悩んでいる人は、同時に汗の臭いが気になることも多いです。ボトックスは、臭いがある汗を出すアポクリン腺にも作用します。ですから、軽度のものなら臭いも同時に緩和することができるのです。価格設定もリーズナブルなので、敷居も低めです。